G20 Osaka Summit

Summit Details

サミットQ&A

G20サミットについてのよくある質問にお答えします

  • G20サミットとは何ですか?

     G20サミットの正式名称は「金融・世界経済に関する首脳会合」であり、毎年開催される国際会議です。サミットの名称は、「頂上、山頂」を意味する英語「summit」に由来しています。サミットというと通常は首脳会議を指します。

     G20サミットは、メンバー国のGDPが世界の約8割以上を占めるなど、「国際経済協調の第一のフォーラム」(the Premier Forum for International Economic Cooperation:2009年9月のピッツバーグ・サミットで合意・定例化)として、経済分野において大きな影響力を有しています。主要議題は基本的に経済分野です。近年取りあげられる議題は、世界経済、貿易・投資、開発、気候・エネルギー、雇用、デジタル、テロ対策、移民・難民問題等があります。

  • G20の設立経緯を教えてください。

     リーマン・ショックを契機に発生した経済・金融危機に対処するため、2008年11月、主要先進国・新興国の首脳が参画するフォーラムとして、従来のG20財務大臣・中央銀行総裁会議を首脳級に格上げし、ワシントンDCで第1回サミットが開催されました。以降、2010年まではほぼ半年毎に、2011年以降は年1回開催されています。

  • G20に出席する国・国際機関はどこですか?

     G20のメンバーは、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ共和国、ロシア、サウジアラビア、トルコ、英国、米国、欧州連合(EU)です。G20サミットには招待国の首脳や国際機関の代表などが参加しています。(大阪サミットの参加国・国際機関はこちら。)

  • G20とは何の略ですか?

     G20とはGroup of Twentyの略です。

  • G20大阪サミットはいつ開催されますか?

     G20大阪サミットは2019年6月28日、29日の2日間開催されます。また、日本がG20議長国を務める間、国内8都市で関係閣僚会合も開催される予定です。

  • G20大阪サミットではどのような議題が話し合われますか。

     G20大阪サミットの主要議題については、「G20大阪サミット主要議題」を参照ください。

  • G20議長国はどのように選ばれるのですか?

     G20議長国はメンバー国から選ばれます。基本的には、毎年のG20サミットにおいて、2年後の議長国がコンセンサスで決定されます。

  • G20サミットの議長国任期はどれくらいですか?

     G20設立当初は、半年間の議長国任期でしたが、2011年以降、12月~翌年11月までの1年間です。

  • G20サミットはどのように準備されるのですか?

     G20サミットの準備は、「シェルパ」と呼ばれる首脳の補佐役が中心になって行います。「シェルパ」とは本来、「登山者が山の頂上にたどり着くための手助けをする案内人」という意味の登山用語です。サミットのシェルパは、「頂上」=「会議の成功」を目指し、各国のシェルパ同士で緊密に連絡を取り合いながら、入念に事前準備を進めます。

  • G20のトロイカ体制とは何ですか?

     2011年のカンヌ・サミットにおいて公式化された、「G20作業を運営する体制」のことで、現議長国、前議長国並びに次期議長国による協力体制が組まれることを指します。日本がG20の議長国を務める2019年には、アルゼンチン(2018年議長国)、サウジアラビア(2020年議長国)と緊密に連携していくこととなります。

  • 過去のG20サミットの議題及び成果はどのようなものがありますか?

     過去のサミットを参照してください。

Summit Details サミット情報一覧