G20 Osaka Summit

Summit Details

首脳会合開催地

首脳会合開催地 大阪のご紹介

Summit Venue 01 古代より日本の中心部として栄えた商業・経済都市

 2017年、大阪府を訪れた外国人旅行者数は1,100万人を超えました。大阪は西日本における経済、文化、交通の要であり、日本第2の経済圏である近畿の中心都市として世界から注目されています。古代では、「難波津」と呼ばれる港が大陸との交易・外交の玄関口として栄え、「難波宮」と呼ばれた都が置かれる(7世紀)など国内政治の拠点として、多くの人々が集まり現在の都市としての礎が築かれました。その後、政治の中心が京都や鎌倉、江戸(東京)に移りゆく中でも、常に日本の重要都市として発展を遂げていきます。その大きな理由は恵まれた海、河川、水路の活用による物流経済でした。豊臣秀吉はいち早くこの恵まれた地形に注目し、大阪城を築き、大阪を巨大都市として発展させました。江戸時代には数多くの商人たちが集い大阪は「天下の台所」と呼ばれるようになりました。その中心部となった中之島では、今も水都ならではの美しい景観を、また「船着き場」を地名の由来とする船場では、大正・昭和初期のモダンな建築を楽しむことができます。大阪は商人の町として繁栄し続け、近畿地域のGDPは日本全体の約15%を占めており、日本経済の発展を支えています。

 また、大阪南部には5世紀頃に築造されたといわれる古墳群が残存しており、日本政府は、「仁徳天皇陵古墳」を含む「百舌鳥・古市古墳群」の、ユネスコ世界文化遺産登録を目指しています。

Summit Venue 02 独自の文化を守り、最新のトレンドも取り入れ発展する商都

 大阪は、政治の中心である江戸に対して、古くから経済・文化の中心地として京都とともに『上方』と呼ばれ、その独特の文化・伝統は今でも国内外で高い評価を受けています。特に大阪の食文化に対する注目度は高く、「食いだおれの街」として海外にも浸透しつつあります。「粉もん」と称されるたこ焼き、お好み焼きは、大阪を代表するソウルフードであり、手軽に楽しめる日本食として外国人にも人気を博しています。ほかにも、大阪名物の串カツ、うどん、イカ焼きなど、気軽に楽しめる食文化が街中にあふれています。「キタ」「ミナミ」という呼称で分けられる大阪市内中心部。キタは「うめきた」と呼ばれる、大阪駅北側の再開発区域が進化を遂げています。いっぽうのミナミは、最大の繁華街である道頓堀に人気の飲食店が数多く並び、昼夜を問わず賑わいを見せています。近隣には、若者に人気のアメリカ村、老舗の百貨店がありグルメのみならず、ショッピングにも事欠きません。また、大阪のシンボルである通天閣で有名な新世界には串カツの人気店が軒を連ね、鶴橋には焼肉の名店が並ぶなど、個性際立つエリアも人気です。商店街が多いことも大阪の魅力のひとつと言えるでしょう。ファッションにグルメ、お土産店やコスメなど、さまざまなジャンルが混在する商店街。一つひとつのお店に個性があり、大阪らしい人情・文化に触れ合うことができます。

 グルメと共に、大阪の発展を支えているのがエンターテインメント。日本では「大阪=お笑い」と言うほど、笑いの文化は暮らしに根づき、劇場は活気に満ちています。

 天下の台所として繁栄した江戸時代から、常に新しいものを取り入れ、数多くの製造メーカーなど有名企業発祥の地としても知られ、何事にも果敢に挑戦する「進取の精神」が育まれた大阪。近年は、バイオ・ライフサイエンス産業やロボット産業に関わる優れた技術力を有する企業等も集中しています。「やってみなはれ」という大阪商人のスピリッツは今も脈々と息づいています。

データ

大阪府

面積
1,905.14平方キロメートル
人口
8,825,396人

大阪市

面積
225.21平方キロメートル
人口
2,724,355人

※上記は2018年9月1日現在の推計です。

G20大阪サミット

開催日

2019年6月28日(金)、29日(土)の2日間で開催。

会場

大阪府大阪市

Summit Details サミット情報一覧