G20 Osaka Summit

G20大阪サミットにおける環境への取組

 2050年には、魚よりプラスチックごみの量が多い海になるともいわれており地球規模での海洋汚染が懸念されています。海に囲まれた日本はこの喫緊の問題に真摯に向き合っています。G20大阪サミットにおいても、ごみを減らすため「3R( Reduce リデュース、Reuse リユース、Recycle リサイクル )」+「Renewable 持続可能な資源」の考えに基づき、プラスチック・スマート及びごみの分別・リサイクルに積極的に取り組んでいます。

 G20大阪サミット開催期間中、会場内における環境への取組の一部をご紹介します。

プラスチック・スマート 01 プラスチック・スマート

 今回のサミットではプラスチック・スマートを実現すべく、企業の協力も得ながらプラスチックごみを出さない取組を真剣に実施してきました。その代表的な取組を紹介します。

プラスチック・スマート 02 G20大阪サミット会場内におけるプラスチック・スマートの取組

 日本はプラスチックも含めたごみの分別リサイクルに積極的に取り組んでいます。
G20の会場で出たごみは最大限再利用されます。

G20大阪サミット会場内におけるプラスチック・スマートの取組